太陽光発電はお得?

by admin

太陽光発電を設置することに関するお得を集めてみましょう。
太陽光発電の設置には数百万円程度の費用が必要になると言われますが、導入時の補助金やランニングコストを抑えてくれるお得なメリットも数多くあります。
まず、太陽光発電の設置にあたっては、要件を満たすシステムを設置することで、申請により、国から補助金が支給されます。
補助金の申請にあたっては、補助金の対象となる経費と太陽電池モジュールの公称最大出力の合計値を1KW当たりのシステム価格として、3万5千円を超え47万5千円以下は1KW当たり3万5千円、47万5千円を超えて55万円以下は1kw当たり3万円が補助されます。
国の補助金のほか、地方自治体でも独自の補助金制度を設けているところがあり、都道府県や市区町村に申請をすることで、国の補助金にプラスして補助が得られ、導入コストを軽減させることが可能です。
補助金を得て、お得に太陽光発電を設置した後にも、お得は続きます。
まず、太陽が出ている間は太陽光発電によって自宅の電気を賄うことができるため、電力会社から電気を購入する必要がなくなります。
つまり、電気代を導入前より大幅にダウンすることができます。
たとえば、東京のとある場所で、太陽光発電の導入前は、電気とガスの併用で、電気は60Aで重量電灯Bで契約していたとします。
このとき、光熱費は電気とガス併せて年間25万円だったとします。
また、この家庭で、5.0kwシステムを使って発電した場合、予想される年間予測発電量は5800KWHとしましょう。
すると、年間の光熱費は夜間や雨天時の電気代とガス代となり5万円となり、光熱費は80%削減されます。
一方、自宅で使いきれずに余った太陽光発電による電力は売ることができます。
1kwh42円で売電できるため、自宅で節電して、その分多く売電すれば、売電収入によりランニングコストが抑えられます。
また、災害時や停電の際は自立運転機能を作動させることで非常電源としても機能できます。
こうした災害時の安心に繋がることも、太陽光発電を導入するお得の1つです。