環境に対する意識が変わりました

by admin

元々、太陽光発電には興味があまりなかったのですが
自分自身の家を建てる際に業者の方とお話しているうちに
太陽光発電を取り付けたほうが将来的にはやはりいいんだろうなという
考えにいたり思い切って太陽光発電を取り付けることにしました。
当初設置にかかる初期費用の見積りをいただいた際に、
結構高額で驚いたのですが、太陽光発電システムの設置には今行政から補助金がいただけるんです。
私の住んでいる地域の場合は国と県と市の3箇所から
補助金をいただくことができました。
太陽光発電を導入してから最初に変わったと思うことは
普段よりも天気を気にするようになったことです。
普段は曇と晴れの違いをあまり気にしていませんでしたが、
晴れの日だとやはり今日はいっぱい発電しそうだなと気分がよくなります。
またやはり嬉しかったのは、余剰電力買取制度によって電力が売れた明細を
見たときですね。
分かってはいたのですが実際に電力が売れたのを見ると、
家庭としてもっと余剰電力を増やそう(つまり節電しよう)と努力するようになりました。
そのためこのペースでいけば約10年ちょっとでは
初期費用が回収できそうです。
なにより、太陽光発電にしてからは脱原発問題などでの環境に対するTVを見たり
そういう話題になった時に、自分自身は言うだけでなく行動しているという自信をもって見たり話したりできるようになったことです。
単に装置を設置してそれ以降は費用回収の日まで興味がなくなるわけではなく、
身近なところで考え方の変化があったのがよかったと思います。