甲府盆地を活用した太陽光発電

by admin

山梨県ですが、有名なのが甲府盆地というものです。
甲府市なども含まれるのですが、山梨県は全体的に山に囲まれた地域になっています。
ただ、盆地となっていまして主要な都市などは、標高的にはそれほど高くないことが一般的です。
また、甲府市というと寒い印象も強いでしょう。
冬などは気温が下がることもありますが、夏などもかなり暑い事でも知られています。
ですので、単に寒い地域なだけではありません。
それの意味するところは、夏などはかなりしっかりとした日照時間もあるということです。
冬もそれほど雪が多い地域ではありません。
ですので、冬でもある程度の日照時間が確保できます。
そう考えますと、甲府市にはある適したものが見えてきます。
それは、太陽光発電です。
太陽光発電には日照時間の多さというものが関わり合いがあります。
しかし、甲府市などの山梨県は前記したように山に囲まれた地域です。
ですので、雲が山にあたりまして、山に遮られて盆地まで入り込んでこないことも多いのです。
ですので、天気としまして晴れている期間も長くなります。
効率的な太陽光発電がしっかりと望める地域である、ということがそういった部分からも見えてきます。
山梨県ですが全体的に雪は住んでいる方でなければわからない部分かもしれませんが、あまり多くはありません。
軽く積もる程度のことは多いです。
ただ、その雪の量は、太陽光発電をさえぎるほどではないという部分は指摘しておきます。