日照量日本一は山梨県です。

by admin

私は山梨県の甲府市在住です。
山梨県が日照量日本一と聞いて太陽光発電を設置しました。
ものすごく単純に思えるかもしれませんが、私はかねがね太陽光発電には興味を持っていたのです。
安心で安全な再生エネルギーで、個人の家の屋根に設置して発電できるというのはこれしかありません。
確かに太陽の光がない夜は発電しないといった欠点はありますが、風がなければ発電しない風力発電などもその欠点は必ずあるものです。
太陽の光と太陽光パネルがあれば発電してしまうのです。
発電するなといっても発電してしまうのです。
太陽の光は無限でなおかつ無償です。
そのタダの原料を使って、電気エネルギーをわれわれは作ることができるのです。
投資した資金を何年で回収できるかどうかといったことが、すぐ話題になります。
しかし、それはいつか回収できるのです。
山梨県の甲府市は、日照量には恵まれているので、その資金回収する期間は多分ほかの地域よりも優秀だと思います。
そして、契約した年の売電の単価が、そのまま10年間継続されます。
これを投資と考えても、安全で確実な投資ではないかと思うのです。
太陽光パネルの保障期間は、大体どこのメーカーでも20年間保障しています。
しかし太陽光パネルの寿命は30年と言われています。
その間、お日様はせっせと太陽を照らしてくれて、太陽光パネルはそれを受けてせっせと発電します。
私が思うに、太陽光発電は再生エネルギーを創りだす安全で安心なエネルギーというだけでなく、投資としても優秀ではないかと思います。