山梨県は日照量の多い土地です

by admin

山梨県と言えば食べ物ではブドウが有名ではないでしょうか、山梨のワインはとても有名です。
人物でいえば武田信玄ではないでしょうか、その名前を聞いて知らない人はいないと思います。
しかし山梨には隠れたナンバーワンがあるのです。
日照量が全国一なのです。
意外に思われた方も多いのではないでしょうか。
日照量が多いのは、九州や沖縄、そうでなかったら太平洋側の都道府県を想像していましたが、海の無い山に囲まれた山梨県が日照量日本一なのです。
山梨市で太陽光発電を行なう場合、これ以上の条件は無いはずです。
私は新潟市に住んでいますが、太陽光発電を設置するのに最初から基本条件で差があるのです。
太陽光発電は皆さんご存じのとおりお日様が出ていないと発電しません。
日中しか発電しないのです。
したがってお日様が照っている時間が長ければ長いほど発電量は多くなり、太陽光発電を設置したメリットが大きくなってきます。
山梨はその意味で太陽光発電をするうえで基本条件に恵まれていると言っていいでしょう。
山梨市での太陽光発電の補助金は1kwにつき20000円支給され、その上限が10万円です。
山梨県の補助金は利子補給と言う形をとっているので、ソーラーローンなどを利用しないと補助金の恩恵を受けることはできません。
山梨市で太陽光発電を設置した場合は国と山梨市の補助金で20万円くらいの補助が期待できます。
またソーラーローンを利用した場合は県の補助金も利用できるでしょう。
それよりも何よりも、山梨県の日照量は羨ましい限りです。