山梨と太陽光発電の蓄電機能

by admin

山梨県では、近くに富士山があるということで災害についてかなり意識している地域です。
その災害についてなのですが、主な部分としますと停電があります。
発電所や送電線に何らかの不具合が発生してしまうことがあるのです。
災害は恐ろしいものですので、その点は詳しく確認をしていかれるといいのではないでしょうか。
では、そのような停電に対応していく方法なのですが、太陽光発電というものがあります。
実際に停電対策として太陽光発電システムを導入している方も多いです。
非常に大きな力を秘めているということも言われています。
晴れた日でありましたら、しっかりと電気を賄うこともできるようになっているのです。
さらに発電量も増してきていますので、その力はかなりのものです。
ではその停電対策になる太陽光の発電システムなのですが、問題はです。
夜は発電できません。
太陽光が出ていないからなのです。
その太陽光が出ていない時には発電できませんので、電力を賄うことができません。
その結果としまして、夜はどう対処していけばいいのかが問題になるのです。
一般的に対処する方法は兼ね備えていません。
しかし、蓄電機能思っている設備がありましたら、対応はできるようになっています。
蓄電機能に昼間発電した電気をため込んでおくことで、
夜にその電力を使っていくことができるようになっているのです。
蓄電機能を持った設備なのですが、蓄電池といわれるものです。
積極的に利用していくべきでしょう。