山梨で増える太陽光発電

by admin

山梨県では、太陽光発電システムを自宅に設置する家庭が増えてきています。
その背景には、行政機関自身が庁舎や学校などに太陽光発電システムを設置することで住民の太陽光発電に関する関心を集めていることにあります。
また、住宅用のシステムを設置するには100万円以上の費用がかかるため、設置を見送る家庭も多くあるところ、山梨県では新たにシステムを設置する家庭に対して補助金を支払う制度を設けています。
この補助金を利用することで、少しでも安くシステムを設置できるため制度の利用者は増えています。
また、山梨県では、県有地に太陽光発電所を建設する計画も進められています。
広い敷地に太陽光発電所を建設することで安定した電力の供給を見込むことができ、近年の電力不足にも寄与できます。
また、太陽光発電は二酸化炭素を排出しない環境に優しい発電方法なので、空気の清浄化にもつながります。
更に、太陽光発電で発生した電力を貯めておくことで、停電時にも電力の利用が可能となり、災害対策としても利用できます。
このようにたくさんのメリットがあるため、山梨県では今後も太陽光発電所の建設が進められていくことでしょう。