太陽光発電の設置容量と費用

by admin

太陽光発電を家庭に設置するには数百万円単位の高額な費用がかかることから、太陽光発電に魅力を感じたり、地球温暖化防止、節電、災害時の非常電源として必要性を感じていても、導入するのに決断がつかない、費用の工面ができないという方もいるかもしれません。
もっとも、太陽光発電システムにはメーカーや性能による価格の違いだけでなく、設置容量をどれくらいにするかによって、かかる費用も変わってきます。
どのくらいの容量があれば、個々の家庭で使う電気を賄えるのかを基準にしたり、全てではなく一部を賄ったうえで、万が一の非常電源を確保しておく、という考え方で、最低限の設置容量にすることも可能です。
また、ゆとりのある容量を設置し、費用の増える分を売電収入を得ることで、発電しながら設置費用を回収するといった考え方で購入することも可能です。
たとえば、導入費用を少なく抑え100万円程度で設置したいなら、メーカーによりますが、1.08kw程度の容量を設置することができます。
内訳は太陽光発電モジュールが65万円ほど、パワーコンディショナと接続ユニットで38万円ほどとなります。
これに別途、架台の費用と工事費がかかります。
200万円程度の予算を組んでいるなら、3kw前後の容量を準備することが可能です。
内訳は太陽光モジュールに173万円、パワーコンディショナと接続ユニットで38万円で、およそ200万円前後で、プラス、架台と工事費が必要です。
屋根いっぱい可能な限り設置したいというなら、4KW前後を300万円程度の予算で準備するのもいいでしょう。
太陽光モジュールに245万円、パワーコンディショナと接続ユニットに加え、昇圧ユニットを2台設置して45万円ほどで、およそ300万円、これに架台と工事費がかかります。
最初から、必ずこれだけ設置すると決めつける必要はなく、予算や補助金の額も考慮しながら、求めやすい容量から始めてみるのもありです。
いったん設置したらそれで終わりではなく、運転状況を確認したうえで、資金の余裕ができたとときに、追加設置することともできます。